木下優樹菜(ゆきな)あらまし

ゆきな(木下優樹菜)ちゃんのハスキーボイス

ゆきな(木下優樹菜)ちゃんはセクシーなハスキーボイスですね
うらやましい人もいるかもしれません


ちなみに
ハスキーボイスと犬のハスキー犬の“ハスキー(husky)”はスペルは同じですが語源は異なります

ハスキーボイスのハスキーは、トウモロコシの皮の意味=husk からきています。
そこから、乾燥したもみ殻、乾いたしゃがれた声のという意味になり
ハスキーボイスという言葉が出来ました。

一方、ハスキー犬のハスキーは、エスキモーからきています。
エスキモーというのは、もともとは雪靴をはいた人々のことでしたが、
それが、“ハスケモウ”や“ウスケマウ”というふうになまって、
それを短く縮めて、ハスキーと呼ぶようになった。
始めはその人々のことを言っていたのですが、後にエスキモー犬の事をさすようになり、
ハスキー犬となった。
ハスキー犬のハスキーは、英語で、たくましくて、強い、がっしりした、頑丈なという意味。

ハスキーボイス(husky voice)とは、しゃがれた声、かすれた声の事。
どちらかというとポジティブに用いられる。
嗄声の一形態といえる。悪声の意味で使われることは少なく、「ダミ声」とは対照的である。
サザンの桑田さんバービーボーイズ、もんたよしのり、ダイアナ・ロスなど
セクシーなハスキーボイスを売りにして、特に歌手になり歌声にいかしている人は
芸能界ではたくさんいます

ゆきな(木下優樹菜)ちゃんも、機会があればもっとたっぷりソロとかで
マジに歌えばいい声で歌えるかもしれませんね
それなりに歌の勉強とかはセンスとかは必要でしょうけど。

「ハスキーボイス」とはややノイジーかつ、倍音が多いうえにやや不規則に生じる声。

倍音とは?
倍音とは基本となる音の周波数の倍の周波数を持つ音
例えば、100hzの音があったとしたら、倍の200hzの音が倍音

ドの音の周波数を倍にすると一オクターブあがり
また倍にすると一オクターブ上のドになる

仮にその音の周波数を100としたら
100、200、300、400ではなくて
100、200、400、800という意味です

同じような声でも、声帯以外の器官で雑音が生じる場合や雑音と声自体が分離しているように聞こえる
場合などハスキーボイスとは区別されることもある

特定の音域だけ急に「ハスキーに」なってしまうような場合は、
ハスキーボイスではないとされることがある。

ハスキーボイスは声帯や声門の様子と関係があり
風邪とか飲酒、喫煙、大声だしすぎなどの喉の疲れによってなることもあるようですね
炎症や腫れや、ポリープとの関係があることもあります。
ハスキーボイスはセクシーでかっこいいけど
なぜセクシーなんでしょうか? これは感性とかのことなのか?
気になります ちょっと調べたんですけどこの肝心のことが
わかりませんでした どなたかわかる方教えてください

なんにしても、
無理に声を枯らそうとはしないほうが喉の健康にはようでしょう

ゆきな(木下優樹菜)ちゃんいわく
この顔と声のギャップ(ハスキーボイス)が私のセールスポイントでもあります。
決して風邪をひいているわけではありませんよ(笑)。

だそうです^^

ではまた


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6578289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック